めいすて~メイプルステップ~

メイプルストーリーあれこれブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

キャプテンヴァガ あらすじ・感想


こんばんは~。

今日はいつか書こう書こうと思っていた「キャプテンヴァガ」のあらすじ、感想を書くことにします!

こうして記事にしておけば私としてもフォルダを漁るよりストーリーを振り返りやすいですし。


ではネタバレ注意!
といってももう終了したコンテンツなのでネタバレもへったくれもないですね(笑)







Image124_201810052010473ac.png


ヴェルデルと思しき土地で育った主人公ダストとその親友ラプス。

捨てられて砂埃をかぶっていたからダストと名付けられたんだとか。





Image120_20181005201027234.png


貧しく、狭い世界で生き続けることしかできないダストとラプス。

しかしそんなとき、宇宙船が近くに止まって2人の運命が変わることになります。





Image130_20181005201029431.png


その宇宙船は「会社」という謎の企業。
でも受かればご飯も寝床も用意してくれるんだとか。

ダストとラプスは無事に採用され、ミッションとして虫のモンスターと戦う日々。

「会社」のことを疑問に思いつつも深くは考えません。
貧困な生活から、ベッドもご飯もお金もある生活に変われただけで十分なのですから。







Image232_20181005201745543.png


しかしミッションは過酷なもの。

ダストには向いていてスピード出世を果たしていきますが、ラプスは大ケガを負って戦えなくなったり……
(クビにはならずオペレーターとして働きます)





Image276.png


殉職する同僚もいたり……

迷うことはあれど、親友ラプスの励ましもあってダストは戦い続けます。






Image361_20181005203409672.png


虫のサンプルを集めているミラーという性悪そうなおばさんも登場したり。

この「会社」、実は研究施設。
頭上にあるキューブも別のコンテンツで登場した物ですね。





Image370_201810052024179d9.png


ある日、サンプルを届けに行ったときにダストが目にしたもの。

写っているのは普段戦っている虫のモンスター。
もしやこの研究施設は……






Image385a.png

Image385b.png



なにやら見慣れない兵士が団長室の見張りについていたことも。

そんな団長に話がしたいと呼びだされるダスト。
スピード出世する浮浪者に興味をもったとか。






Image397_20181005202418823.png


もう重役となったダストに「会社」のことがついに説明されます。

・真の名前はアポード(悪名高い宇宙海賊の研究集団)
・虫のモンスターはやはりこの施設で創られた生体兵器
・自然の中で独自の進化を遂げる虫たちを研究することにした
・隊員を戦わせ、サンプルを集めさせている
・その目的は「とある団体」に依頼され生体兵器を創りたいため







Image418_20181005202419a07.png


さらに、より強力なサンプルを求めてメイプルワールドの神獣に狙いをつけている模様。

そうして「あのお方」とやらはアポードを通して全宇宙に「秩序」で統制することが目的だそうです……




真相を知ったダストですが、こんな巨悪に加担することを良しとしません。

同僚の殉職も親友の大ケガも元はこの組織のせいですし、納得のいく話ではないでしょう。






Image449_20181005203053e2e.png

(艦長の「ふむ…。」が納得しているように見える…)

そしてダストはクーデターを起こそうとします。
真相を明かせば同僚たちは上層部に不満を持つはず、そしてみんなで上層部からこの組織を乗っ取ろう、と。






Image468.png


しかし立ちはだかるミラー。
ダストらを消しにかかります。




Image472.png


虫の大群をけしかけられ、多勢に無勢。

ところでこのディーマ、最初はエラそうな物言いをしてくるものの、ダストの階級が上になると手のひらを返した態度になります。
このセリフの「新団長」とはダストのことなので味方についてくれました。

でも艦長は敵側なのですが…… 彼としては艦長にも死んでほしくなかったり?






Image480.png


虫の軍団から逃れるため、遮蔽扉を閉めることに。

ですが扉の閉めるには誰かが残ってレバーを操作する必要があります……
その役目を買って出たのはラプスでした。






Image489.png


難を逃れることはできたものの、親友のラプスは……







Image495.png


アポードを脱退したこの新団体に付けた名前。

それが浮浪者を意味するヴァガボンド「キャプテンヴァガ」なのでした。






Image503.png


ミラー、艦長、団長、そして「あのお方」…… 1人残らず消してアポードを潰す。
そして惑星を買ってラプスという名をつける。

そうしてキャプテンヴァガは復讐者として旅立つのでした……








ふぅぅ~! 終わった! 疲れましたぁ……('A`)
ストーリーだけかいつまんでも意外と長いものですねぇ。

「あのお方」は実はもう登場しているキャラなんですかね?(某国民的探偵マンガみたいに)
そうなると考察してみるのも面白そうですね。 私はイマイチ見当がつきませんが…(´・ω・`)

また、予想以上にメイプル探偵団が絡んできているのでそちらもクリアする必要がありそうです。
キャプテンヴァガの今後の登場も気になるところですね。


とまぁ、そういう堅苦しいことを抜きにした感想を言わせてもらいますと……
ダストの男泣きが良かった(笑)

↑のスクショの泣き顔ですが……良くないですか?
私としてはつられて泣きそうになるくらい気に入った表情絵なのです、こうも悲痛な表情はめずらしいと言いますか……


……というわけで終了したコンテンツのわりにストーリーが重要そうなキャプテンヴァガ。

うん、やっぱりNEXONさんはメイプルの設定資料集出しましょう?
過去の4次スキルクエストにも結構重要な話があったのにもう知ることもできませんし……

そういう終わったコンテンツをカバーするためにもやっぱり設定資料集は必要ですよ!!

スポンサーサイト
【 2018/10/05 (Fri) 】 プレイ日記 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する